2022年カタールW杯出場チームはこちら

【ボールの上で休むカナリアのエンブレム】ノリッジ・シティFC 【プレミアリーグ】

今回はプレミアリーグに所属するノリッジ・シティFCについて取り上げていきます!

ホームタウン

ノリッジ

Norwich

人口:14万人

イングランド東部、ノーフォークの州都。古英語で「北の町」(north town)を意味し、英語圏の各地に同名の場所が存在する。

エンブレム
エンブレム

マスタードで有名なコールマン(Colman’s)の本拠地でもあり、親会社ユニリーバを通じて世界中に輸出されています。

クラブ

ノリッジ・シティFC

Norwich City Football Club

▼正式名称

ノリッジ・シティ・フットボール・クラブ

The Canaries

▼愛称 カナリーズ

クラブエンブレムのcanaria(カナリア)が由来である。

エンブレム
エンブレム

中世からノリッジ地方にはカナリアを育てる習慣があり、過去のオーナーがユニフォームをカナリア色を採用しました。

ヒストリー

【1902】「Norwich City F.C.

スタジアム

キャロウ・ロード

Carrow Road

開場:1935年
収容人数:27,244人

住所:Carrow Rd, Norwich NR1 3JE イギリス

過去のエンブレム

【1902-1922】

【1922-1940】

【1940-1972】

【1972-2021】

【2022-present】

現在のエンブレム



カナリア

Serinus canaria

アトリ科に分類される小鳥。canariaはカナリア諸島に由来するが、語源はラテン語の canis 「犬」である。

エンブレム
エンブレム

中世時代からノリッジ地方にはカナリアを育てる習慣があったことに由来しています。


ノリッジ市の紋章

エンブレム
エンブレム

エンブレムの左上には、ノリッジ市の紋章に見られるノリッジ城とライオンが描かれています。


サッカーボール

エンブレム
エンブレム

サッカーボールの上でカナリアが休んでいます。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA