2022年カタールW杯出場チームはこちら

【もとは退役軍人のエンブレム】チェルシーFC【プレミアリーグ】

今回はプレミアリーグに所属するチェルシーFCについて取り上げていきます!

ホームタウン

ロンドン

London

人口:943万人

イギリスおよびこれを構成するイングランドの首都。シティ・オブ・ロンドンと32のロンドン特別区から成る。

エンブレム
エンブレム

1908年、1948年、2012年とこれまでに3度、オリンピックを開催しており、同一都市としては史上最多となっています。

エンブレム
エンブレム

チェルシーは、ロンドンの南西に位置する地区でメイフェアに次ぐ高級住宅街です。

クラブ

チェルシーFC

The Blues

▼愛称 ブルーズ

チェルシー領主が自分の馬のジョッキーに薄い青色のシャツと白いズボンを着せていたため、チェルシーのユニフォームも青と白になった。1965年には当時のクラブマネージャーがパンツも青色としたことで「チェルシーブルー」のシャツとパンツ、白のソックスの組み合わせが現在まで受け継がれている。

エンブレム
エンブレム

同じロンドンに本拠地を置くアーセナルは労働者階級の支持層が多かったのに対し、チェルシーは富裕層の支持層が多いことで知られています。これは高級住宅地の中にスタジアムがあることに関係しています。

ヒストリー

【1905】「Chelsea Football Club

スタンフォード・ブリッジを本拠地として使用するクラブを探していたオーナー兄弟によって設立された。

エンブレム
エンブレム

スタンフォード・ブリッジを購入した兄弟は、フラムにスタジアムの使用を打診していましたが、拒絶されました。その結果、ホームチームとしてチェルシーが設立されました。

スタジアム

スタンフォード・ブリッジ

Stamford Bridge

開場:1877年
収容人数:41,798人

エンブレム
エンブレム

サポーターからは「The Bridge」と呼ばれています。

過去のエンブレム

【1905-????】

・チェルシーには退役軍人用のチェルシー王立病院があった

・彼らに敬意を評し、胸にメダルをさげた退役軍人のデザインが使用された

【1905-1952】

・退役軍人が描かれた別バージョン

【1952-1953】

・盾型のデザイン

・クラブ名の頭文字「CFC」

【1953-1964】

・現在につながる杖をついた青いライオンが登場

杖はチェルシー出身者が英国国教会のトップについたことを示す証

・黄色で囲われた青いリング

・5つの赤い丸はサッカーボールとバラを表している

【1964-1967】

・青い正方形

・左上から斜め下に「CFC」の白い文字

【1967-1986】

・ライオンのデザインが復活

・赤い杖に青いライオン

・下部にクラブ名の頭文字「CFC」

【1986-1995】

・青丸のデザイン

・赤いライオン

・「CFC」

・その後しばらく、色味や色調の調整が行われた

【1995-1997】

・その後しばらく、色味や色調の調整が行われた

・青丸は削除された

・赤いライオンは黄色と青色に変更された

【1997-1999】

・色味や色調の調整

・青い丸の復活

・ライオンは黄色変更

【1999-2003】

・色味や色調の調整

・青い丸は再び削除された

【2003-2005】

・色味や色調の調整

・薄い青色で丸の復活

【2005-2006】

・100周年の記念デザイン

・1953年のデザインを復活させ、洗練した

【2006-present】

・100周年記念のデザインを踏襲

・情熱とパワーを象徴する赤色でボールとバラをデザイン

現在のエンブレム



ライオン

lion

ライオンのアイコンは、クラブの会長であり、チェルシー子爵でもあった「カドガン伯爵」の紋章から取られたもの。持っている杖は、かつてチェルシー出身者がウェストミンスター大修道院長(英国国教会)のトップについたことを示す証である。

Earl Cadogan

カドガン伯爵は、イギリスの伯爵、貴族。グレートブリテン貴族爵位。ロンドンの高級住宅地ケンジントン=チェルシー(ナイツブリッジ地区周辺)を地所に持ち、英国長者番付にもその名を連ねる一族。


テューダー・ローズ

Tudor rose

イングランドの伝統的な花の紋章。ユニオン・ローズ(Union rose)と呼ばれることもある。

エンブレム
エンブレム

赤いバラが2つと、赤いサッカーボールが2つ描かれています。


CHELSEA FOOTBALL CLUB


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA