2022年カタールW杯出場チームはこちら

【エンブレムにカラスが描かれている訳とは?】サッカー日本代表【各国代表】

エンブレム
エンブレム

今回は日本の男子サッカーのナショナルチームについて取り上げていきます!

日本

東アジアに位置する民主制国家。

日本国

▼公用語 日本語

▼首都 東京都

▼人口 1億2536万人

エンブレム
エンブレム

国土の約75%が山地で占められています。

国旗

日の丸

日章旗

白地に赤丸が描かれた旗。正式(法律上)には日章旗(にっしょうき)と呼ばれているが、一般的には日の丸(ひのまる)と呼ばれている。日本には自国を「日出る国」とする考え方があり、赤い日の丸は日の出の太陽を象徴している。

エンブレム
エンブレム

日本国旗は、縦が横の3分の2の長方形で、日の丸部分の直径は縦の5分の3と規定されています。

大会成績

FIFAワールドカップ

FIFAワールドカップ

▼出場回数 6回

▼最高成績 ベスト16(2002,2010,2018)

エンブレム
エンブレム

AFCアジアカップでは最多となる4度の優勝をしています。

愛称

SAMURAI BLUE

2005年に5つの候補の中から一般投票が行われ、「SAMURAI BLUE 2006」が2006年のドイツワールドカップに向けた愛称に決まりました。その後、2009年には「SAMURAI BLUE」が公式のペットネームに定められました。

エンブレム
エンブレム

「監督名+ジャパン」という愛称もよく聞きますね。

マスコット

カラッペとカララ

どちらも八咫烏をデフォルメしたマスコットキャラクターとなっています。

兄 カラッペ

性格は熱く、戦いの精神を表している。好物はやきそば。

背番号「0」でくちばしが尖っている。

弟 カララ

性格は温厚で、友好の精神を表している。好物はたこやき。

背番号「00」でくちばしが丸みを帯びている。

エンブレム
エンブレム

着用しているユニフォームのデザインも、その年のものに毎回変更されています。

過去のエンブレム

【1987】

・それまでは、日本国旗がユニフォームの胸にエンブレムとして採用されていたが、はじめて八咫烏をモチーフにしたデザインが作成された。

【1992】

【1996】

・バックの赤線は「日の丸の赤、世界への道」を意味している

・周りの黄色は「太陽からの光、公正」を表現

【2009】

・国の代表、結束、一体感をより鮮明にするため、日の丸をイメージした赤と白で表現

・黄色の帯は鼓動から放たれた光、公正な心(フェアプレー精神)を表現

・白は高貴な理想である「2005年宣言」、赤は実現への情熱を表現

・盾の形の枠の中、太陽を表す三足カラスが「JFA」の文字を戴き、翼を広げてサッカーボールをキープした姿で“素早さ”と“力強さ”を表現

【2017】

・ボールを足でしっかりと支えている

・太陽、情熱、日本を表す赤いボール

・JFAの5つのバリューとスピードを表す羽

・JFAの3つのビジョンを表す尾羽

・角がとれたデザインは、リスペクト、公平さを表現

エンブレム
エンブレム

八咫烏の描かれたエンブレムができるまでは、日本国旗がユニフォームの胸に描かれていました。

現在のエンブレム



八咫烏

八咫烏(ヤタガラス)

日本神話に登場するカラス。導きの神とされており、日本の初代天皇である神武天皇が東征(九州→近畿)の際に、山深い熊野を案内する役割を担ったとされている。

エンブレム
エンブレム

明治時代、日本に初めて近代サッカーを紹介し、日本サッカーの生みの親と言われている中村覚之助が、熊野那須大社がある和歌山県那須勝浦町出身であった。その縁もあり、日本サッカー協会は代表チームのシンボルマークとして八咫烏を採用しました。神武天皇を導いたように、ボールをゴールへ、そしてチームを勝利へ導く象徴として選ばれました(昭和6年)。


JFAバリュー

JFAバリュー

2015年3月、日本サッカー協会によって、サッカー関係者が大切にすべき価値観として策定されたもの。

エンブレム
エンブレム

八咫烏の羽は5つのバリューとスピードを、尾羽は3つのビジョンを表現しています。


赤いボール

エンブレム
エンブレム

八咫烏が足でしっかりと支えている赤いボールは、太陽、情熱、そして日本を表現しています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。Jリーグのみならず、世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA