2022年カタールW杯出場チームはこちら

【刑務所が描かれたエンブレム】エヴァートン 【プレミアリーグ】

今回はプレミアリーグに所属するエヴァートンFCについて取り上げていきます!

ホームタウン

リヴァプール

Liverpool

人口:50万人

イングランド北西部マージーサイド州の中心都市。かつては港湾都市として栄えたが、現在は観光都市として知られている。

エンブレム
エンブレム

世界的ロックバンドである「ザ・ビートルズ」の出身地で有名です。

クラブ

エヴァートンFC

Everton Football Club

▼正式名称 エヴァートン・フットボール・クラブ

エヴァートンは、リヴァプールを中心都市とするマージーサイド州にある地域の1つで、リヴァプールの北に位置する街。

The Toffees

▼愛称 トフィーズ

エヴァートン地区で作られるエヴァートン・ミント(ミント・トフィー)と呼ばれるキャンディのようなお菓子がグディソン・パークで無料配布されていたことに由来する。

Toffee

バター(と場合によっては小麦粉)と糖蜜または砂糖を加熱(転化糖を生成)して作られる菓子。

ヒストリー

【1878】「St. Domingo’s FC

教会の信徒が年間を通じてスポーツができるように設立された。(夏はクリケットを行っていた。)

【1879】「Everton FC」

チームの実力が上がり、教会外からの選手獲得も行われるようになり、地元の名前をとって改称された。

スタジアム

グディソン・パーク

Goodison Park

開場:1892年
収容人数:40,157人

住所:Goodison Rd, Liverpool L4 4EL イギリス

エンブレム
エンブレム

エヴァートンFCは創設時、アンフィールドを本拠地として使用していました。しかし、当時アンフィールドのオーナーであったジョン・ホールディングがエヴァートンFCに対して賃上げを要求したため、エヴァートンFCはこれを拒否し、現在のグディソン・パークに移転しました。

エンブレム
エンブレム

現在、新スタジアムの建設も進行しており、2024/25シーズンから開場予定です。

過去のエンブレム

【1920-1938】

【1938-1972】

【1972-1976】

【1976-1978】

【1978-1982】

【1982-1983】

【1983-1991】

【1991-2000】

【2000-2013】

【2013-2014】

【2014-present】

現在のエンブレム



プリンス・ルパーツ・タワー

Prince Rupert’s Tower

1787年にエバートン地区の中心に建てられたこの建物は、当初、地元の酔っぱらいや犯罪者を警官が一晩中拘束する場所(刑務所)として使用されていた。

エンブレム
エンブレム

エンブレムは、もともとはネクタイの柄として提案されたデザインでしたが、1938/1939シーズンに優勝したことをきっかけに演技がいいということで、現在までクラブのロゴとして使用されています。


月桂樹

Laurus nobilis

クスノキ科ゲッケイジュ属の常緑高木。葉に芳香があり古代から用いられた。乾燥した葉は香辛料ローリエになり、葉と小枝は丸く編んだ月桂冠がよく知られている。

エンブレム
エンブレム

古代ギリシアでは葉のついた若枝を編んで「月桂冠」として、勝者や優秀な者達、そして大詩人の頭に被せていました。そのため、勝利と栄光のシンボルとして使用されています。


NIL SATIS NISI OPTIMUM

NIL SATIS NISI OPTIMUM

クラブのスローガン。ラテン語で「最善を尽くせば、道は開かれる」と書かれている。

エンブレム
エンブレム

“Nothing but the best is good enough”


EVERTON/1878

EVERTON/1878

クラブ名と創設年


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA