2022年カタールW杯出場チームはこちら

【日本最大のフクロウのエンブレム】北海道コンサドーレ札幌【J1リーグ】

エンブレム
エンブレム

今回は北海道の札幌市をホームタウンとする北海道コンサドーレ札幌について取り上げていきます!

ホームタウン

札幌市

北海道

札幌市

エンブレム
エンブレム

クラブ創立20周年を迎えた2016年シーズンから、「札幌市」→「札幌市を中心とする北海道」に拡大されました。

クラブ

北海道コンサドーレ札幌

北海道コンサドーレ札幌

▼コンサドーレ 道民を意味する「道産子(どさんこ)」の逆さ読みと、ラテン語の響きを持つ「-ole(オーレ)」を組み合わせたもの。

エンブレム
エンブレム

もともとは「コンサドーレ札幌」でしたが、ホームタウンのエリア拡大に伴い「北海道コンサドーレ札幌」に変更されました。

ヒストリー

東芝

※東芝は日本の電機メーカーで、東芝グループの中核企業。社名は旧社名の「東京芝浦電気」の略称。

【1935】「東芝堀川町サッカー部」

東芝のサッカー部として創部された。当時は神奈川県の川崎事業所に本拠地を置いていた。

【1980】「東芝サッカー部

クラブ名を改称。

【1996】「コンサドーレ札幌」

北海道からプロサッカークラブの誘致活動を受けて、札幌へ移。クラブ名も改称された。

【2016】「北海道コンサドーレ札幌」

ホームタウンエリアを拡大し、クラブ名を変更。

スタジアム

札幌ドーム

札幌ドーム

開場:2001年
収容人数:41,484人

エンブレム
エンブレム

国内で唯一の完全屋内天然芝のサッカースタジアムで、世界で初めて「ホヴァリングシステム」と呼ばれる天然芝の移動式サッカー場が採用されました。

マスコット

ドーレくん

ドーレくん

北海道に生息する「シマフクロウ」がモチーフ。

エンブレム
エンブレム

シマフクロウはエンブレムにも採用されています。

過去のエンブレム

【19??-1998】

【1996】

【1997-2015】

【2016-2020】

現在のエンブレム



シマフクロウ

シマフクロウ

日本では北海道にしか生息していない日本最大のフクロウ。全長66~69cm。

エンブレム
エンブレム

翼を広げると、全長180cmにもなります。


11個の星

エンブレム
エンブレム

11個の星は、結束したイレブンを意味しています。


ブリザード

エンブレム
エンブレム

ブリザードを表す「白のストライプ」は攻撃性を意味しています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。Jリーグのみならず、世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA