2022年カタールW杯出場チームはこちら

【クマンバチの一撃エンブレム】アビスパ福岡【J1リーグ】

エンブレム
エンブレム

今回は福岡県の福岡市をホームタウンとするアビスパ福岡について取り上げていきます!

ホームタウン

福岡市

福岡県

福岡市

福岡県西部に位置する市。

エンブレム
エンブレム

博多湾に面するこの地域は古来から博多(はかた)として認識されており、大陸方面への玄関口として利用されてきました。

クラブ

アビスパ福岡

Avispa Fukuoka

▼正式名称 アビスパ福岡

▼愛称 アビスパ

▼創設 1982年

エンブレム
エンブレム

「アビスパ」は、ラテン語AVISから派生したスペイン語AVISPAで、「熊ん蜂(スズメバチ)」を意味する言葉。AVIS(アビス)は「鳥」や「飛び立つもの」という意味から、スポーツ文化が地域に根ざすとともに「世界に向けて躍進していくように」との願いが込められています。

ヒストリー

中央防犯サッカー部

1982年に創部された中央防犯(現:中央防犯アクトサービス)のサッカー部。静岡県藤枝市に本拠地を置いていた。

【1982】「中央防犯サッカー部

中央防犯(現:中央防犯アクトサービス)のサッカー部として創部。

【1991】「中央防犯ACM藤枝フットボールクラブ

クラブ名を改称。

【1994】「中央防犯FC藤枝ブルックス

クラブ名を改称。

【1995】「福岡ブルックス」

藤枝市内にJリーグ基準を満たすスタジアムが存在しなかったことなどから、Jリーグクラブ誘致に動いていた福岡市の要請を受け、福岡市にホームタウンを移し、クラブ名を改称。

【1996】「アビスパ福岡」

「ブルックス」の呼称が紳士服メーカー「ブルックス・ブラザーズ社」の商標であり、ブルックスの名称を付したユニフォームを販売することが商標権侵害の恐れを生じるため、クラブ名を改称。

スタジアム

ベスト電器スタジアム

Best Denki Stadium

開場:1995年
収容人数:21,562人

エンブレム
エンブレム

2008年から、福岡市のゲームソフト開発メーカーであるレベルファイブが命名権を取得し、「レベルファイブスタジアム」と呼ばれていました。

エンブレム
エンブレム

2020年には、福岡市博多区に本店を置く家電量販店のベスト電器が命名権を取得し、「ベスト電器スタジアム」と呼ばれています。

過去のエンブレム

【1996-present】

現在のエンブレム



蜂の一刺し

エンブレム
エンブレム

槍型のエンブレムは「蜂の一刺し(鋭い攻撃)」を表現しています。


草模様

エンブレム
エンブレム

エンブレムを囲む草模様は、「頑強な守り」を表現しています。


王冠

エンブレム
エンブレム

「王者」を象徴しています。


サッカーボール

エンブレム
エンブレム

ボールを囲むクラブ名は「和」「結束」を表現しています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。Jリーグのみならず、世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA