2022年カタールW杯出場チームはこちら

【エンブレムに描かれた建物は何?】浦和レッズ【J1リーグ】

エンブレム
エンブレム

今回は埼玉県のさいたま市をホームタウンとする浦和レッズについて取り上げていきます!

ホームタウン

さいたま市

Saitama

▼地方 関東地方

▼都道府県 埼玉県

▼人口 133万人

埼玉県の南東部に位置する県庁所在地。2001年に、浦和市・大宮市・与野市の3市の合併により新設された。

エンブレム
エンブレム

当時の浦和市はサッカークラブの誘致に動いていたが、Jリーグ不参加を表明されるなど難航していました。一方、三菱自工も東京都や寒川県平塚市、兵庫県神戸市などと交渉していましたが、いずれも自治体から満足な回答は得られませんでした。そんな両者を川淵三郎が仲介し、浦和レッズの誕生へとつながりました。

クラブ

浦和レッズ

Urawa Red Diamonds

▼浦和  

クラブが発足した当時、ホームタウンだった市の名前。

▼レッド 

三菱グループのコーポレートカラーでもある赤。

▼ダイヤモンズ  

ダイヤモンドの最上の輝き、 何にも傷つけられない強さ、 固い結束力。

エンブレム
エンブレム

もともとはを基調としたユニフォームを着用していました。

ヒストリー

三菱重工

【1950】「中日本重工業サッカー部」

兵庫県神戸市にて創部。

【1958】「新三菱重工業サッカー部」

本社が東京へ移転したため、サッカー部も東京で活動拠点を移す。

【1964】「三菱重工業サッカー部」

GHQにより分割されていた3社が合併。

【1990】「三菱自動車工業サッカー部」

子会社の三菱自動車工業にチームを移管し、名称も変更。

【1992】「三菱浦和フットボールクラブ」

クラブ名改称。

【1996】「浦和レッドダイヤモンズ」

現在のクラブ名に改称。

スタジアム

埼玉スタジアム2002

Saitama Stadium 2002

開場:2001年
収容人数:63,700人

エンブレム
エンブレム

1993年から2010年までは「浦和駒場スタジアム(さいたま市駒場スタジアム)」もホームスタジアムとして使用されていました。

Urawa Komaba Stadium

開場:1967年
収容人数:21,500人

エンブレム
エンブレム

浦和レッズの運営会社である「浦和レッドダイヤモンズ株式会社」が命名権を取得しています。

過去のエンブレム

【1950】三菱重工業サッカー部

【1992】三菱浦和FC

【1995】三菱浦和FC

【2000】浦和レッドダイヤモンズ

現在のエンブレム



鳳翔閣(ほうしょうかく)

Hosyokaku

明治11年(1878年)に浦和宿に建てられた明治洋風の建築物。現在の埼玉会館のある場所に建てられていた「埼玉のサッカー発祥の旧埼玉師範学校校舎」

エンブレム
エンブレム

ずっとサッカーに親しんできたこの町の歴史のシンボルです。


サクラソウ

Primula sieboldii

サクラソウ科サクラソウ属の多年草。埼玉県の花に指定されている。

エンブレム
エンブレム

さいたまの土地のシンボルで、埼玉県さいたま市桜区の「田島ヶ原サクラソウ自生地」は国の特別天然記念物に指定されている貴重な群落となっています。


三菱マーク

Three diamonds

岩崎家の家紋「三階菱」と土佐山内家の家紋「三ツ柏」に由来するマーク。三菱創業時の九十九商会が船旗号として採用した三角菱が原型である。

エンブレム
エンブレム

三菱グループおよびそれらを前身とするスポーツチームには、三菱の社章である菱形=ダイヤモンドを冠したものがよく見られます。1992年からのエンブレムには「ひし形」が使用されています。


URAWA RED DIAMONDS/SAITAMA

URAWA RED DIAMONDS/SAITAMA

クラブ名/ホームタウン名


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。Jリーグのみならず、世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA