2022年カタールW杯出場チームはこちら

【オセアニアサッカー連盟のロゴ!】OFC【サッカー連盟】

今回はオセアニアのサッカー連盟、OFCについて取り上げていきます!

サッカー連盟

OFC(オセアニアサッカー連盟)

オセアニアサッカー連盟(英:Oceania Football Confederation)の略称。オセアニアの11のサッカー協会を統括しています。

OFC

▼創設年 1966年

▼会員数 11協会

▼本部 ニュージーランド オークランド

エンブレム
エンブレム

2005年までは、オーストラリアもOFCに加盟していました。(現在はAFCに加盟)

歴史

創設

オーストラリアとニュージーランドがAFC(アジアサッカー連盟)に加盟しようとしましたが、失敗に終わったこともあり、1966年にOFCが結成されました。

1996年にFIFAに正式に認められ、FIFA傘下の大陸連盟は現在の6つとなりました。

オーストラリアの脱退

高い競技レベルと収益を求め、オーストラリアは2005年にAFCへの加盟を申請しました。2006年、OFCもこれを受け入れ、FIFAの総会によって正式に移籍が承認されました。現在では、日本とワールドカップ出場権を争う大きなライバルとなっています。

ワールドカップの自動出場権

オセアニアのサッカーは他の大陸と比べると実力や質・人気も劣るとみなされているため、ワールドカップの自動出場権が認められていません。過去にはアジア・オセアニア予選としてAFCと合同で予選が行われていたこともありましたが、現在はオセアニア単独で予選が行われています。本大会に出るためには、大陸間プレーオフに出場し、勝ち上がる必要があります。

エンブレム
エンブレム

2026年のFIFAワールドカップからは、出場国が32チームから48チームに拡大されるため、オセアニアからも出場枠が1枠確保されました。

過去のロゴ

【1969-1996】

連盟が創設されて初めてデザインされた最初のロゴ。

太陽、ヤシの木、砂浜、海のある砂浜が描かれていいる。

【1996-2008】

FIFAに正式に認められ、傘下に入った1996年にデザインが変更された。

上部には、ヤシの木と太陽が強調されたデザインと、当時の会員数の10を表す星が描かれている。

下部には、FIFAの傘下に入ったことを表現するためにサッカーボールが描かれている。

【2008-present】

現在のロゴ



ヤシの木

エンブレム
エンブレム

過去のロゴにも描かれていた「ヤシの木」を、三日月をモチーフに緑色で描いています。


エンブレム
エンブレム

象徴的な海や海岸を、こちらも三日月をモチーフに青色で描いています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。Jリーグのみならず、世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!

関連ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA