2022年カタールW杯出場チームはこちら

【伝説のドラゴンのエンブレム】FCメス【リーグアン】

今回はリーグアンに所属するFCメスについて取り上げていきます!

ホームタウン

メス

Metz

人口:12万人

フランス北東部に位置する都市。もともとは神聖ローマ帝国領であったが、1968年のヴェストファーレン条約で正式にフランス領になった。

エンブレム
エンブレム

フランス語では「メス」ですが、過去にドイツ領に属していたことから、ドイツ語読みの「メツ」と呼ばれることもあります。

クラブ

FCメス

Football Club de Metz

▼正式名称 フットボール・クルブ・ドゥ・メス

▼創設年 1932年

▼ホームタウン メス

ヒストリー

【1919】「Cercle Athlétique Messin

陸上競技クラブとして発足。

【1932】「FC Metz

サッカー部門が設立され、現在のクラブ名に改称。

スタジアム

スタッド・サン=サンフォリアン

Stade Saint-Symphorien

開場:1923年
収容人数:25,636人

住所:3 Bd Saint-Symphorien, 57050 Longeville-lès-Metz

エンブレム
エンブレム

2021年後半に完成予定で、収容人数は7,000人ほど増え、32,000人を収容できる規模になります。

過去のエンブレム

【1921-1932】

【1930s】

【1930s-1967】

【1967-2000】

【2000-2021】

現在のエンブレム



伝説のドラゴン

Graoully

グラウリー メスにあるローマ時代の円形闘技場に住んでいたとされる伝説のドラゴン。

エンブレム
エンブレム

現在では、街のシンボルにもなっています。

エンブレム
エンブレム

2021年7月から採用されている街のロゴにも、伝説のドラゴンが描かれています。


ロレーヌ十字

Cross of Lorraine

十字架の一種。フランス東部、ドイツ国境に近いロレーヌ地方の紋章の一部となっている。もともとは、フランスを侵略者から奪還する戦いで有名となった、ジャンヌ・ダルクの象徴とみなされていた。

エンブレム
エンブレム

第二次世界大戦中、ロレーヌ十字はシャルル・ド・ゴールの下、自由フランスの公式なシンボルとして採用されました。歴史的にもロレーヌ十字は、フランスの愛国心の象徴とされてきました。


街の紋章

エンブレム
エンブレム

エンブレムの輪郭は、街の紋章がモチーフになっています。


新エンブレム

2021-present



YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA