2022年カタールW杯出場チームはこちら

【白と黒の伝統的なエンブレム】アンジェSCO【リーグアン】

今回はリーグアンに所属するアンジェSCOについて取り上げていきます!

ホームタウン

アンジェ

Angers

人口:15万人

フランス西部、メール川河畔に位置する都市。メーヌ川と本流ロワール川が南西部で合流するほか、町の中心部にはアンジェ城があり、これはロワールの古城のうち最も西に位置する。

エンブレム
エンブレム

Anger(アンジェ)という地名は、Andecavorum(アンデス族)が由来となっています。

クラブ

アンジェSCO

Angers Sporting Club de l’Ouest

▼正式名称 アンジェ・スポルタン・クルブ・ドゥ・ルエスト

▼創設年 1919年

▼ホームタウン アンジェ

ヒストリー

【1919】「Sporting Club du Crédit de l’Ouest」

Crédit de l’Ouestという銀行の取締役であった兄弟によって創設された。

エンブレム
エンブレム

フランスサッカー連盟と同じ1919年に創設されたクラブです。

スタジアム

スタッド・レイモン・コパ

Stade Raymond-Kopa

開場:1912年
収容人数:19,350人

住所:Bd Pierre de Coubertin, 49000 Angers

過去のエンブレム

【19??-1994】

【1994-2004】

【2004-2011】

【2012-2021】

【2021-present】

現在のエンブレム



フルール・ド・リス

fleur-de-lis

直訳すると「ユリの花」だが、一般的なユリではなく、アヤメ(アイリス)の花を様式化したデザインを指すことが一般的である。歴史的に紋章に用いられ、政治的、王権的、芸術的、象徴的な意味合いを持っている。

エンブレム
エンブレム

フランス王家と関係が深く、他国のフランス語圏でも使用されることの多い紋章です。


アンジェ城

Château d’Angers

アンジェにある城で、メーヌ側に突き出た岸壁上の要塞は、戦略的な防衛の観点からローマ人も多く住み着いていた。世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」に含まれる。

エンブレム
エンブレム

フルール・ド・リスの背景部分が、このアンジェ城を表現しています。

エンブレム
エンブレム

RCランスのエンブレムに描かれているシャンボール城も、このロワール渓谷に含まれています。


ダイヤモンド

Diamond

炭素だけからなる鉱物で、硬度が最も高い。一方で割れてしまう性質もあり、透明で無色である。

エンブレム
エンブレム

エンブレムの輪郭は、ダイヤモンドがモチーフになっています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA