2022年カタールW杯出場チームはこちら

【セルビアの国花と国民の象徴「セルビア十字」のエンブレム】セルビア代表【各国代表】

エンブレム
エンブレム

今回はヨーロッパの「セルビア代表」について取り上げていきます!

セルビア共和国

Republic of Serbia

▼公用語 セルビア語

▼首都 ベオグラード

▼人口 691万人

エンブレム
エンブレム

2006年6月3日、モンテネグロの分離独立にともない、独立宣言を行ないました。

国旗

汎スラブ色

National Flag

▼汎スラブ色(青・白・赤)

赤は尊い血の犠牲を、青は澄みわたる空を、白はまばゆく輝く光明を象徴している

▼国章

胸に盾を持った双頭の鷲と王家の冠

エンブレム
エンブレム

代表チームのユニフォームは、赤のシャツ・青のパンツ・白のソックスと、国旗と同じ色使いになっています。

大会成績

FIFAワールドカップ

FIFA World Cup

▼出場回数 2回

▼最高成績 グループリーグ敗退(2010,2018)


UEFA欧州選手権

UEFA European Football Championship

▼出場回数 0回

▼最高成績 なし

エンブレム
エンブレム

2006年のモンテネグロ独立以降、セルビア代表としての出場はありません。


愛称

Орлови (Eagles)

Орлови (Eagles)

▼オルロヴィ セルビア語で「鷲」を表す言葉

エンブレム
エンブレム

国章に描かれた「白い鷹」が由来になっています。

過去のエンブレム

【1992-2003】

・ユーゴスラビアサッカー協会「FSJ」(Fudbalski savez Jugoslavije)

・汎スラブ色(青・白・赤)

・双頭の鷲

【2003-2006】

・セルビア・モンテネグロサッカー協会「FSSCG」(Fudbalski savez Srbije i Crne Gore)

・汎スラブ色(青・白・赤)

・双頭の鷲

【2006-present】

・セルビア十字

・セルビア「СРБИЈЕ」

・サッカーボール

エンブレム
エンブレム

モンテネグロが独立し、セルビア代表となった2006年からデザインが大きく変更されました。

現在のエンブレム



セルビア十字

Serbian cross

十字の一種で、セルビアの国家と国民の象徴とされる。

中央に十字があり、その十字で区切られた四方に外側を向いたC字型の文様が置かれている。

十字の周りにある4つのシンボルはキリル文字の「С」の字だと解釈される。また4つのCは、よく知られたセルビア語の語句で、セルビアの国家の非公式のモットーでもある「Само Слога Србина Спасава」(団結のみがセルビア人を救う)、あるいはСвети Сава – Српска Слава」(セルビアの守護聖人)の頭文字であるとされる。

エンブレム
エンブレム

セルビアの国章にも使われている「セルビア十字」が描かれています。


СРБИЈЕ

СРБИЈЕ

十字の一種で、セルビアの国家と国民の象徴とされる。

中央に十字があり、その十字で区切られた四方に外側を向いたC字型の文様が置かれている。

エンブレム
エンブレム

上部には、セルビア語で国名が書かれています。


サッカーボール

エンブレム
エンブレム

セルビア十字の中央には「サッカーボール」が描かれています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA