2022年カタールW杯出場チームはこちら

【オラニエ公から続くライオンのエンブレム】オランダ代表【各国代表】

エンブレム
エンブレム

今回はヨーロッパのナショナルチーム「オランダ代表」について取り上げていきます!

オランダ

Netherlands

▼公用語 オランダ語

▼首都 アムステルダム

▼人口 1,740万人

エンブレム
エンブレム

ベルギー、ルクセンブルクと合わせて「ベネルクス(三国)」と呼ばれています。

国旗

世界最初の三色旗

National Flag

オランダがスペインからの独立をかけた80年戦争の際に、闘いの先頭に立ったオラニエ公の紋章が「オレンジ・白・青」で構成された「プリンスの旗 (Prinsenvlag)」が起源となっている。

次第にオレンジ色は赤色へと変化していき、1937年には現在の「赤・白・青」の三色が正式なオランダ国旗として制定された。

エンブレム
エンブレム

80年戦争の際に使用されていたオレンジが、現在のオランダサッカー代表のカラーになっています。

大会成績

FIFAワールドカップ

FIFAワールドカップ

▼出場回数 10回

▼最高成績 準優勝(1974, 1978, 2010)


UEFA欧州選手権

UEFA欧州選手権

▼出場回数 10回

▼最高成績 優勝(1988)

愛称

Oranje(オランイェ)

エンブレム
エンブレム

「Oranje(オランイェ)」は「オレンジ軍団」を意味する言葉で、チームカラーのオレンジは旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家)に由来しています。

過去のエンブレム

【1930s-1950s】

・オランダを象徴する「ライオン」の初期デザイン

【1950s-1960s】

・オランダの国章にも見られる「ライオン」のデザイン

・王室を象徴する「王冠」

【1960s-1973】

・オランダカラーの「オレンジ(赤)、白、青(水色)」

・オランダの国章にも見られる「ライオン」

・王室を象徴する「王冠」

【1973-1979】

・オランダの国章にも見られる「ライオン」

【1979-1985】

・オランダの国章にも見られる「ライオン」

・王立オランダサッカー協会「KNVB」の文字を追加

【1985-1996】

・オランダの国章にも見られる「ライオン」

・王室を象徴する「王冠」が追加された

・王立オランダサッカー協会「KNVB」

【1996-2014】

・オランダを象徴する「オレンジ色」の配色に変更

・オランダの国章にも見られる「ライオン」の横顔

・王室を象徴する「王冠」

・王立オランダサッカー協会「KNVB」

【2014-present】

・盾型のデザインに変更された

・オランダの国章にも見られる「ライオン」

・王室を象徴する「王冠」

・王立オランダサッカー協会「KNVB」

エンブレム
エンブレム

オランダ王家の象徴であるライオンがモチーフになっています。

現在のエンブレム



ライオン

Lion

ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類別名はシシ(獅子)。

エンブレム
エンブレム

オランダの国章も見られるライオンが描かれています。


KNVB

KNVB

王立オランダサッカー協会(Koninklijke Nederlandse Voetbalbond)の略。

エンブレム
エンブレム

1904年のFIFA創立時から名を連ねる8協会のひとつです。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA