2022年カタールW杯出場チームはこちら

【赤白チェックのエンブレム】クロアチア代表【各国代表】

エンブレム
エンブレム

今回はクロアチアの男子サッカーのナショナルチームについて取り上げていきます!

クロアチア共和国

東ヨーロッパはバルカン半島に位置する共和制国家。「分離と合併を何度も繰り返した」地域で、1991年にそれまで連邦を構成していた「ユーゴスラビア社会主義連邦共和国」から独立を果たした。

クロアチア共和国

▼公用語 クロアチア語

▼首都 ザクレブ

▼人口 413万人

エンブレム
エンブレム

漢字表記では「克羅地亜」「呉呂茶」となります。

国旗

シャホヴニツァ(Šahovnica)

国旗

▼白赤のチェック シャホヴニツァ(Šahovnica)と呼ばれる模様。中央に位置するのは国章。

▼赤・青・白 汎スラブ色

・中央の盾に見られる赤と銀(白で代用されている)の市松模様は、「シャホヴニツァ」(クロアチア語でチェス盤という意味)と呼ばれている。赤はクロアチアの内陸部、白は海岸部を象徴している。

・上部の小さな盾は左からそれぞれ、中央クロアチア、ドゥブロヴニク、ダルマチア、イストリア、スラヴォニアを象徴している。

・スラヴ民族および、スラヴ諸国の旗に用いられる赤、青、そして白色からなる配色のこで、自由と革命の理想を象徴している。

・フランスのトリコロール発祥の三色旗とは違い、汎スラヴ主義の三色は横分けで配置するのが原則。

大会成績

FIFAワールドカップ

FIFAワールドカップ

▼出場回数 5回

▼最高成績 2位(2018)


UEFA欧州選手権

UEFA欧州選手権

▼出場回数 6回

▼最高成績 ベスト8(1996,2008)

愛称

Vatreni (炎の男)

エンブレム
エンブレム

「ヴェレトニ」はクロアチア語で炎の男を意味します。

過去のエンブレム

【1940s-1950s】

【1950s-1970s】

別バージョン

【1970s-1992】

【1992-2014】

【2014-present】

エンブレム
エンブレム

クロアチアの国章が由来になっていますね。

現在のエンブレム



シャホヴニツァ(Šahovnica)

シャホヴニツァ

クロアチア語でチェス盤を意味する「シャホヴニツァ」の市松模様が描かれている。赤はクロアチアの内陸部、白は海岸部を象徴している。

エンブレム
エンブレム

本来は赤と銀ですが、銀色は白色で代用されています。


HNS

HNS

Hrvatski nogometni savez (Croatian Football Federation) クロアチアサッカー協会の頭文字。

エンブレム
エンブレム

背景の青色は、国章の上部に見られる5つの盾のカラーが由来になっています。


サッカーボール

エンブレム
エンブレム

2017年に行われたエンブレムの変更で、サッカーボールも現在のデザインに変更されました。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。Jリーグのみならず、世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA