2022年カタールW杯出場チームはこちら

【石槌山へ飛来するコマドリのエンブレム】愛媛FC【Jリーグ】

エンブレム
エンブレム

今回はJリーグに所属する愛媛FCについて取り上げていきます!

ホームタウン

松山市

Matsuyama

▼地方 中国地方

▼都道府県 愛媛県

▼人口 51万人

愛媛県の中部に位置する市。愛媛県の県庁所在地であり、四国地方で最大の都市である。松山城を中心に発展して来た旧城下町で、道後温泉で有名な古くからの温泉地であるとともに、正岡子規や夏目漱石ゆかりの地で、文学の街でもある。キャッチフレーズは「いで湯と城と文学のまち」。

エンブレム
エンブレム

松山市を中心とする愛媛県全県をホームタウンとしています。

クラブ

愛媛FC

Ehime FC

▼愛媛FC

ホームタウン名を入れたシンプルかつ馴染み深いチーム名。

エンブレム
エンブレム

県民に夢・感動・希望を与えられるチーム、そして愛されるチーム作りを目指して命名されました。

ヒストリー

【1970】「松山サッカークラブ」

愛媛県立松山東高等学校OBによって創設。

【1996】「愛媛フットボールクラブ」

クラブ名を改称。

【2001】「愛媛FC」

スタジアム

ニンジニアスタジアム

Ningineer Stadium

開場:1979年
収容人数:21,419人

エンブレム
エンブレム

愛媛県伊予市に本社を置き、オフィス用品などの通信販売を行う「ニンジニアネットワーク」が命名権を取得しています。


過去のエンブレム

【1994-present】

現在のエンブレム



コマドリ

Japanese robin

鳥綱スズメ目ヒタキ科コマドリ属に分類される鳥類。ウグイスやオオルリと共に日本三鳴鳥の1つとされる。

エンブレム
エンブレム

愛媛県の県鳥であるコマドリがサッカーボールをしっかりととらえています。


石鎚山

Mount Ishizuchi

四国山地西部(愛媛県西条市と久万高原町の境界)に位置する標高1,982 mの山。山岳信仰(修験道)の山として知られる。

エンブレム
エンブレム

愛媛のシンボルである石鎚山系をスクード(盾)の上部に取り入れています。


瀬戸内海

Seto Inland Sea

本州西部、四国、九州に囲まれた日本最大の内海。700以上の島がある多島海である。

エンブレム
エンブレム

瀬戸内海を思わせる海(波)が描かれています。


サッカーボール

エンブレム
エンブレム

コマドリがサッカーボールをしっかりととらえています。


EFC/EHIME FC

EFC/EHIME FC

クラブ名の頭文字/クラブ名


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA