2022年カタールW杯出場チームはこちら

【阿吽の呼吸をするシーサーのエンブレム】FC琉球【Jリーグ】

エンブレム
エンブレム

今回は沖縄県の沖縄市を中心に活動しているFC琉球について取り上げていきます!

ホームタウン

沖縄市

Okinawa

▼地方 九州地方、沖縄地方

▼都道府県 沖縄県

▼人口 14万人

沖縄本島中部に位置する沖縄県第2の都市。鉄道のない市としては、日本一人口の多い市である。嘉手納基地などの米軍基地を多く抱える事情などから、国際色が豊かである。

エンブレム
エンブレム

沖縄を中心とする沖縄県全域をホームタウンとしています。

クラブ

FC琉球

FC Ryukyu

▼琉球

沖縄本島を中心に存在した琉球王国に由来する。

エンブレム
エンブレム

琉球王国は、1429年から1879年の450年間、琉球諸島を中心に存在した王国です。

ヒストリー

【2003】「FC琉球

沖縄初のJリーグ参入を目指すサッカークラブとして創設。

エンブレム
エンブレム

もともとは沖縄かりゆしFCを一斉退団した選手らにより結成されたクラブになります。

スタジアム

タピック県総ひやごんスタジアム

Tapic Kenso Hiyagon Stadium

開場:1987年
収容人数:12,270人

エンブレム
エンブレム

沖縄リハビリテーション病院などを経営する「医療法人タピック」が命名権を取得しています。


過去のエンブレム

【2003-2005】

【2006-present】

現在のエンブレム



対のシーサー

Lion of pair

沖縄県などでみられる伝説の獣像。魔除けの意味を持つ。名前は「獅子(しし)」(元はサンスクリット語のライオン)を沖縄語で発音したものである。単体よりも一対で置かれることの方が多いと言われている。

エンブレム
エンブレム

対のシーサーは阿吽の呼吸を意味しています。開いた口は勝利を呼び込み、閉じた口は勝利を離さないという想いが込められています。


琉球王国

Ryukyu Kingdom

琉球王国は、1429年から1879年の450年間、琉球諸島を中心に存在した王国。

エンブレム
エンブレム

エンブレム上部には、かつて琉球が日本で唯一の王国であったことを象徴する王冠が描かれています。

エンブレム
エンブレム

王冠には、5つの線に4つのポイントが記されており、『いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く 』という琉球の伝統文化である「みんさー織り」に由来しています。

Mincer weave

沖縄の伝統的な織物の一つ。素材は木綿で、厚みがあって素朴な風合いが特徴。


11本のライン

エンブレム
エンブレム

エンブレム下部の11本のラインは戦う11人の集団を表現しています。


サッカーボール

エンブレム
エンブレム

対のシーサーがしっかりとサッカーボールを掴んでいます。


FC RYUKYU/Since.2003

FC RYUKYU/Since.2003

クラブ名/クラブ創設年


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


2 COMMENTS

やーりー

FC琉球は現在のデザインがはじめから使われていたものではなく過去エンブレム存在しますよ。

返信する
エンブレム

コメントありがとうございます!
たしかに初期はドラゴン?がデザインされたエンブレムが使用されていたみたいですね。
知りませんでした。ご指摘ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA