2022年カタールW杯出場チームはこちら

【村上水軍のエンブレム】FC今治【Jリーグ】

エンブレム
エンブレム

今回はJリーグに所属するFC今治について取り上げていきます!

ホームタウン

今治市

Imabari

▼地方 中国地方

▼都道府県 愛媛県

▼人口 15万人

愛媛県北東部に位置する市。今治市と尾道市を結ぶしまなみ海道があり、大島、伯方島、大三島などの島々を結んでいる。四国地方を代表する工業都市のひとつでもある。特に造船・タオルの地場生産が盛んである。

エンブレム
エンブレム

愛媛県今治市をホームタウンとしています。

クラブ

FC今治

FC Imabari

ホームタウンである愛媛県今治市をクラブ名としている。

エンブレム
エンブレム

当初は「FC.IMABARI」の表記を使用していました。

ヒストリー

【1976】「大西サッカークラブ

愛媛県越智郡大西町(現:今治市)を拠点として発足。

【1991】「今越(いまお)フットボールクラブ

今治市と越智郡をカバーする地域密着型のサッカークラブを目指し、クラブ名を改称。

【2004】「愛媛しまなみフットボールクラブ

クラブ名を改称。

【2009】「愛媛FCしまなみ

愛媛FCのアマチュアチームとなり、クラブ名を改称。

【2012】「FC今治

愛媛FCから独立して、クラブ名を改称。

スタジアム

ありがとうサービス. 夢スタジアム

Arigato Service Dream Stadium

開場:2017年
収容人数:5,030人

エンブレム
エンブレム

「今治.夢スポーツ」の株主であり、、今治市に本社を置く小売業者である「ありがとうサービス」が施主となって総工費3億円で建設されました。


過去のエンブレム

【????-2014】

【2015-present】

現在のエンブレム



村上水軍

Murakami Ancient Navy

日本中世の瀬戸内海で活動した水軍(海賊衆)。

エンブレム
エンブレム

彼らの代表的な家紋である「折敷に縮み三文字」がモチーフになっています。


いかり

Anchor

船を水上の一定範囲に止めておくために、鎖やロープを付けて海底や湖底、川底へ沈めて使う道具。

エンブレム
エンブレム

瀬戸内海を彷彿とさせる「いかり」と「旗」が描かれています。


FC IMABARI

FC IMABARI

クラブ名


YouTube

いかがだったでしょうか。YouTubeでもサッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていますので、ぜひご覧ください!