2022年カタールW杯出場チームはこちら

【大空に羽ばたくハートのエンブレム】FC TIAMO枚方【JFL】

エンブレム
エンブレム

今回はJFLに所属するFC TIAMO枚方について取り上げていきます!

ホームタウン

枚方市

大阪府

枚方市、寝屋川市、交野市を中心とした北河内地域

エンブレム
エンブレム

ひらかたパーク(通称:ひらパー)は現在まで続く日本最古の遊園地として知られています。

クラブ

FC TIAMO枚方

FC Tiamo Hirakata

▼正式名称 FC TIAMO枚方

▼愛称 ティアモ

▼創設 2004年

エンブレム
エンブレム

ティアモ(TIAMO)はイタリア語で「愛している」。地域を愛し、そして地域から愛されるチームに、という想いに由来しています。

ヒストリー

【2004】「FCイバンイーナ(FC IBANINA)」

稲本潤一・新井場徹・播戸竜二の3選手が共同オーナーとなり設立。

【2006】「FC TIAMO

クラブ名を改称。(稲本がプレミアリーグ専念のためオーナー職を休止)

【2015】「FC TIAMO枚方

「枚方からJリーグ」「枚方の街作り」をコンセプトにクラブ名を改称。

エンブレム
エンブレム

設立当初のクラブ名「インバーナ」は、共同オーナーである新井場の「イバ」播戸の「バン」稲本の「イナ」それぞれのニックネームを組み合わせて名付けられました。

スタジアム

枚方市立陸上競技場

Hirakata City Athletics Stadium

開場:1990年
収容人数:2,500人

エンブレム
エンブレム

メインスタンドは2,000人、芝生スタンドは500人の収容が可能な陸上競技場です。


過去のエンブレム

【????-2021】

【2022-present】

現在のエンブレム



枚方市

Hirakata

大阪府の北河内地域に位置する市。現存する遊園地では日本最古であるひらかたパークで知られる。

エンブレム
エンブレム

ホームタウンである枚方市の地形を形どったハート形がモチーフになっています。


エンブレム
エンブレム

ハートの中央部分には「矢」が通っており、攻撃的なサッカーを実現することへの覚悟と、応援してくださる全ての方に感動を与えられるチームを目指す意思を表現しています。


鳥の羽

エンブレム
エンブレム

大空に向かって羽ばたく「鳥の羽」をイメージし、クラブが右肩上がりに未来へ向かっていく意思を表現しています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!