2022年カタールW杯出場チームはこちら

【母なる琵琶湖とナマズのエンブレム】MIOびわこ滋賀【JFL】

エンブレム
エンブレム

今回はJFLに所属するMIOびわこ滋賀について取り上げていきます!

ホームタウン

草津市

Kusatsu

▼地方 近畿地方

▼都道府県 滋賀県

▼人口 14万人

滋賀県南西部に位置する市。江戸時代には東海道と中山道が接する宿場町(草津宿)として栄えた。同地名の温泉で有名な草津町(群馬県吾妻郡)とは、1997年から友好都市提携を結んでいる。

エンブレム
エンブレム

草津市、東近江市をホームタウンとしています。

クラブ

MIOびわこ滋賀

MIO Biwako Shiga

▼MIO

「近江」の逆さ読みの意味と、イタリア語で「みんなの、愛すべき」という意味を持つ。

ヒストリー

【2005】「FC Mi-O キャットフィッシュ Kusatsu

草津市にて発足。

【2006】「FC Mi-O びわこ Kusatsu

廃部となった佐川急便京都サッカー部を引き受け、クラブ名を改称。

【2008】「MIOびわこ草津

クラブ名を改称。

【2012】「MIOびわこ滋賀

クラブ名を改称。

スタジアム

布引グリーンスタジアム

Nunobiki Green Stadium

開場:2010年
収容人数:5,060人

エンブレム
エンブレム

正式名称は、「東近江市布引運動公園陸上競技場」です。


過去のエンブレム

【2012-present】

現在のエンブレム



ナマズ

Amur catfish

ナマズ目ナマズ科に属する硬骨魚類の1種。

エンブレム
エンブレム

琵琶湖の特産でもあり、ジュニアユースクラブ時代にチーム愛称としていたナマズが描かれています。


琵琶湖

Lake Biwa

滋賀県にある日本最大の面積と貯水量を持つ湖。

エンブレム
エンブレム

エンブレムの背景には、琵琶湖を表すブルーと、自然をイメージしたグリーンのラインが描かれています。


MIO Biwako Shiga/2005

MIO Biwako Shiga/2005

クラブ名/クラブ創設年


YouTube

いかがだったでしょうか。YouTubeでもサッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていますので、ぜひご覧ください!