2022年カタールW杯出場チームはこちら

【逆三角形の王冠エンブレム】レアル・ベティス【ラ・リーガ】

今回はラ・リーガに所属するレアル・ベティスについて取り上げていきます!

ホームタウン

セビリア

Sevilla

▼州 アンダルシア州

▼県 セビリア県

▼人口 69万人

アンダルシア州の州都であり、セビリア県の県都。スペイン南部でもっとも人口の多い都市であり、闘牛やフラメンコの本場として知られる。

エンブレム
エンブレム

発音と表記が異なり、「セビージャ」、「セビリャ」、「セビーリャ」と表記されることもあります。

クラブ

レアル・ベティス

Real Betis Balompié

▼正式名称 レアル・ベティス・バロンピエ

▼愛称 Béticos(ベティコ)

エンブレム
エンブレム

ベティスは、ローマ帝国時代の属州名バエティカが由来です。バエティカはセビージャ市内を流れるグアダルキビル川のことで、現在のアンダルシア州に相当します。

エンブレム
エンブレム

同じセビリアを本拠地としており、富裕層に支持されているセビージャFCとの対戦はアンダルシア・ダービー(セビリア・ダービー)と呼ばれています。

【大司教が鎮座するエンブレム】セビージャFC【ラ・リーガ】

ヒストリー

【1907】「Sevilla Balompié

セビージャ市内2番目のクラブとして、地元の工芸学校の学生によって創設された。

※バロンピエ(Balompié) は、フトボル (futbol) と同じ、スペイン語でサッカー意味を意味する言葉

【1909】「Betis Foot-ball Club」

クラブ内部で分裂が起こり、離反した役員たちによって設立された。

【1914】「Real Betis Balompié」

ベティスFCとセビージャ・バロンピエが合併し、その後アルフォンソ13世から「レアル」の称号を授かった。

エンブレム
エンブレム

1905年に設立されたセビージャFCは労働者階級出身の選手との契約を拒んでおり、これに批判的な一派が旗揚げしたのがベティスFCでした。

スタジアム

エスタディオ・ベニート・ビジャマリン

Estadio Benito Villamarín

開場:1929年
収容人数:60,720人

エンブレム
エンブレム

スタジアム名は、セビージャFCの元会長であるベニート・ビジャマリンが由来となっています。


過去のエンブレム

【1908-1909】

【1909-1913】

【1913-1914】

【1914】

【1910-1913】「Betis FC」

【1913-1914】「Real Betis」

【1914-1919】

【1919-1922】

【1922-1925】

【1925-1931】

【1931】

【1931-1932】

【1932-1941】

【1941-1957】「Real Betis Balompié」

【1957-1960】

【1960-1963】

【1963-1972】

【1972-1982】

【1982-1994】

【1994-2002】

【2002-2013】

【2013-present】

現在のエンブレム



王冠

エンブレム
エンブレム

サッカー好きなアルフォンソ13世から「レアル」の称号を拝領したことで、クラブ名に「レアル」が加わり、クラブのエンブレムにもブルボン家を象徴する王冠が加えられました。


RB

RB

Real Betis Balompiéの頭文字


ストライプ

エンブレム
エンブレム

クラブカラーの緑と白でストライプが描かれています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA