2022年カタールW杯出場チームはこちら

【北中米・カリブ海サッカー連盟のロゴ!】Concacaf【サッカー連盟】

今回は北中米・カリブ海のサッカー連盟、Concacafについて取り上げていきます!

サッカー連盟

Concacaf(北中米・カリブ海サッカー連盟)

北中米・カリブ海サッカー連盟(英:Confederation oNorth, Central American and Caribbean Association Football)の略称。北アメリカ、中央アメリカ、カリブ海諸国を中心に、南アメリカのギアナ地方を含む国と地域の41のサッカー協会を統括している。

Concacaf

▼創設年 1961年

▼会員数 41協会

▼本部 アメリカ合衆国 フロリダ州マイアミ

エンブレム
エンブレム

41協会が加盟していますが、そのうちFIFAから公認されているのは35協会となっています。

歴史

創設

1961年、中米カリブ海サッカー連盟(Confederation Centroamericana y del Caribe de Futbol、略称CCCF)と北米サッカー連盟(North American Football Confederation、略称NAFC)が統合されてCONCACAFが設立されました。

ヨーロッパ移民

ヨーロッパからの移民の影響もあり、ラテンアメリカ諸国ではサッカーは人気で、特にメキシコは最大勢力となっています。

Concacaf内の地域連盟

北アメリカサッカー連盟(NAFU)


中米サッカー連合(UNCAF)


カリブ海サッカー連合(CFU)


過去のロゴ

【1961-1994】

【1994-1999】

【1999-2004】

【2004-2018】

【2018-present】

現在のロゴ



太陽

エンブレム
エンブレム

現在のロゴは、太陽をシンボライズした円がデザインされています。

エンブレム
エンブレム

Concacafに加盟している41の協会にちなんで、41個のひし形で構成されています。


サッカーボール

エンブレム
エンブレム

前回のロゴからサッカーボールが消えましたが、円形のデザインがサッカーボールを変わりに表現しています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。Jリーグのみならず、世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!

関連ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA