2022年カタールW杯出場チームはこちら

【エンブレムに生えている木は何?】サウジアラビア代表【各国代表】

エンブレム
エンブレム

今回はサウジアラビアの男子サッカーのナショナルチームについて取り上げていきます!

サウジアラビア王国

中東・西アジアに位置する絶対君主制国家。世界第2位の原油埋蔵量を誇る国で、世界最大級の石油輸出国。イスラム教のイスラム教最大の聖地メッカとメディナがあり、世界中から巡礼者が訪れている。

サウジアラビア王国

▼公用語 アラビア語

▼首都 リヤド

▼人口 3,384万人

エンブレム
エンブレム

サウジアラビア王国は「サウード家によるアラビアの王国」を意味しています。

国旗

シャハーダとラハイヤン

国旗

▼緑 イスラム教を興したマホメットがつけていたターバンの色に由来しており、イスラム教では神聖な色とされている。

▼白 平和と潔白を象徴する色。

▼シャハーダ イスラム教徒の義務とされる五行の1つ。シャハーダ(信仰告白)は「アッラーの他に神はなし。ムハンマドはアッラーフの使徒である」というコーランの一節をアラビア語で唱えるこで、その言葉をデザイン化した文字が描かれている。

▼ラハイヤン メッカおよびイブン=サウードの勝利を表している国宝の刀。聖地メッカの守護を意味している。

エンブレム
エンブレム

国旗掲揚時にシャハーダが正しい向きで見えるように、同じ国旗を2枚用意し、それを縫い合わせて1つの国旗を作成しています。

大会成績

FIFAワールドカップ

FIFAワールドカップ

▼出場回数 5回

▼最高成績 ベスト16(1994)

エンブレム
エンブレム

AFCアジアカップでは3度の優勝をしています。(1984,1988,1996)

愛称

The Green Falcons

エンブレム
エンブレム

ユニフォームの緑色王国での鷹狩りが由来となっています。

過去のエンブレム

【????】

・過去のサウジアラビアサッカー連盟のロゴ

【????-2017】

・サウジアラビア王国の国章をベースにしたデザイン

【2018-present】

・チームの愛称「グリーン・ファルコンズ」に合わせたデザイン

エンブレム
エンブレム

サウジアラビアでは、鷹を持つことがステータスシンボルになっています。そのため、人気のある鷹は500万円を超えることも珍しくないそうです。

現在のエンブレム



隼(はやぶさ、ファルコン)

隼(はやぶさ、ファルコン)

ハヤブサ目ハヤブサ科ハヤブサ属に分類される鳥類。大きさは約35~50cmで、鳩の約2倍である。

エンブレム
エンブレム

大きさ順に並べると、鷲(ワシ)→鳶(トビ)→鷹(タカ)→隼(ハヤブサ)となります。


ヤシの木

ヤシ

熱帯地方を中心に広く分布するヤシ科の植物の総称。サウジアラビア王国の木である。

エンブレム
エンブレム

サウジアラビアの国章にも、ヤシの木が描かれています。


SAFF

SAFF

Saudi Arabia Football Federation(サウジアラビアサッカー連盟)の略称。


サッカーボール


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。Jリーグのみならず、世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA