2022年カタールW杯出場チームはこちら

【雪の帽子のエンブレム】バンクーバー・ホワイトキャップス【MLS】

エンブレム
エンブレム

今回はMLSに所属するバンクーバー・ホワイトキャップスについて取り上げていきます!

ホームタウン

バンクーバー

Vancouver

▼州 ブリティッシュコロンビア州

▼行政区 メトロバンクーバー

▼人口 68万人

ブリティッシュコロンビア州南西部のメトロバンクーバーに属する都市。同州最大にして北米有数の世界都市。林業が最大の産業であり、都市部ながら自然に囲まれていることから観光業も第2の産業となっている。

エンブレム
エンブレム

バンクーバーの地名は、18世紀にカナダ西海岸地域の測量を行ったイギリスの探検家、ジョージ・バンクーバーの名前に由来しています。

クラブ

バンクーバー・ホワイトキャップス

Vancouver Whitecaps FC

▼正式名称 バンクーバー・ホワイトキャップス

▼愛称 Blue-and-White, The Village

▼創設 2009年

エンブレム
エンブレム

もともとは、USSF Division2(アメリカ合衆国サッカー連盟2部プロフェッショナルリーグ)に参加していた同名のチームが改組され、設立されたチームです。

エンブレム
エンブレム

バンクーバーの市街地から見えるノースショア山脈の山頂に、雪の積もった景色が白い帽子に見えたというエピソードから、「ホワイトキャップス」というクラブ名がつけられました。

ヒストリー

【2009】「Vancouver Whitecaps FC」

もともと、USSF Division2に参加していた同名のチームが改組され、設立された。

エンブレム
エンブレム

バンクーバー・ホワイトキャップスというチーム名は、1970年代に北米サッカーリーグ(NASL)で活動していたクラブが最初に使用しました。創設と撤退を繰り返し、現在は3番目のクラブとなっています。

スタジアム

BCプレイス

BC Place

開場:1983年
収容人数:54,320人

エンブレム
エンブレム

「BC」は、バンクーバーを含むブリティッシュコロンビア州(Province of British Columbia)の略称です。


過去のエンブレム

【2009-present】

・上半分は雪の積もった山頂(ノースショア山脈)

・下半分は太平洋に映る白く泡立った波

・クラブ名「Vancouver Whitecaps FC」

現在のエンブレム



ノースショア山脈

North Shore Mountains

カナダのブリティッシュコロンビア州にある山脈。

エンブレム
エンブレム

雪の積もった山頂が白い帽子に見えたというエピソードから、「ホワイトキャップス」というクラブ名がつけられました。エンブレムの上半分がこのエピソードを表現しています。


エンブレム
エンブレム

エンブレムの下部は太平洋に映る白く泡立った波を表現しています。


VANCOUVER WHITECAPS FC

VANCOUVER WHITECAPS FC

クラブ名


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA