2022年カタールW杯出場チームはこちら

【スペースニードルがそびえ立つエンブレム】シアトル・サウンダーズFC【MLS】

エンブレム
エンブレム

今回はMLSに所属するシアトル・サウンダーズFCについて取り上げていきます!

ホームタウン

シアトル

Seattle

▼州 ワシントン州

▼郡 キング郡

▼人口 74万人

ワシントン州北西部キング郡にある太平洋岸北西部最大の都市。ピュージェット湾とワシントン湖の中間に位置し、都市の総面積の41.17%が水地域となっている。

エンブレム
エンブレム

シアトルはボーイングをはじめ、マイクロソフト、アマゾン、スターバックスなど、大企業の誕生の地でもあります。

クラブ

シアトル・サウンダーズFC

Seattle Sounders FC

▼正式名称 シアトル・サウンダーズFC

▼愛称 The sounders

▼創設 2007年

エンブレム
エンブレム

クラブ名は「Seattle Alliance」「Seattle Republic」「Seattle FC」「任意の名前」の4つからオンライン投票によって決められました。全14,500票のうち、約半数が「任意の名前」を選び、さらにその内の半数が「Sounders」に関連した名前でした。

ヒストリー

【2007】「Seattle Sounders FC」

エンブレム
エンブレム

北米サッカーリーグ(NASL)に参加していたシアトル・サウンダーズ(1974-1983)、USLファーストディヴィジョン(USL)に参加していたシアトル・サウンダーズ(1994-2008)など、シアトルを本拠地とするいくつかのサッカークラブが「シアトル・サウンダーズ」というクラブ名を使用してきた歴史があります。

スタジアム

ルーメン・フィールド

Lumen Field

開場:2002年
収容人数:67,000人

エンブレム
エンブレム

2020年にセンチュリーリンク社が「ルーメン・テクノロジーズ」と改名したため、スタジアム名も現在のものに変更されました。


過去のエンブレム

【1994-2007】

・水族館の看板のようなデザイン

・「Sounders」を2色の波模様で配色

・海を象徴するクジラとサッカーボール

【2008-present】

・シアトルの名所「スペースニードル」

・緑のカスケード山脈

・青のピュージェット湾

現在のエンブレム



スペースニードル

Space Needle

シアトルの中心地区にある塔。1962年の万国博覧会の時に建てられたものである。

エンブレム
エンブレム

シアトルだけでなく、アメリカの北西太平洋地域を象徴するランドマークとして知られています。


カスケード山脈

Cascade Range

北アメリカ大陸の西海岸沿いを南北に走る山脈。

エンブレム
エンブレム

スペースニードルの背景の緑色は、このカスケード山脈を表現しています。


ピュージェット湾

Puget Sound

アメリカ合衆国北西部のワシントン州にある湾。沿岸はシアトル大都市圏と重なり、400万人の人々が住む太平洋岸でも重要な産業・物流・交通・文化の中心地である。

エンブレム
エンブレム

背景の青色は、このピュージェット湾を表現しています。


SEATTLE SOUNDERS FC

SEATTLE SOUNDERS FC

クラブ名


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA