2022年カタールW杯出場チームはこちら

【州鳥が羽ばたくエンブレム】ミネソタ・ユナイテッドFC【MLS】

エンブレム
エンブレム

今回はMLSに所属するミネソタ・ユナイテッドFCについて取り上げていきます!

ホームタウン

ミネアポリス・セントポール都市圏

Minneapolis–Saint Paul

▼州 ミネソタ州

▼人口 396万人

182の都市と郡区で構成されるミネソタ州で最大の都市圏。人口最大の都市ミネアポリスと州都セントポールを合わせて「ツインシティーズ」と呼ばれている。

エンブレム
エンブレム

ミシシッピ川、ミネソタ川、セントクロワ川にかけて広がる都市圏です。

クラブ

ミネソタ・ユナイテッドFC

Minnesota United FC

▼正式名称 ミネソタ・ユナイテッドFC

▼愛称 The Loons(アビ)

▼創設 2015年

エンブレム
エンブレム

クラブカラーである青とゴールドは、かつてミネソタ州を本拠地として活動していたミネソタ・サンダーが青色のシャツを着ていた伝統に習っています。

ヒストリー

【2010】「NSC Minnesota

【2012】「Minnesota Stars FC
【2013】「Minnesota United FC
エンブレム
エンブレム

2009年にミネソタ・サンダーが財政破綻し解散。現在のミネソタユナイテッドが引き継ぐ形で活動をしています。

スタジアム

アリアンツ・フィールド

Allianz Field

開場:2019年
収容人数:19,400人


過去のエンブレム

【2010-2012】

【2012-2013】

【2013-present】

現在のエンブレム



ハシグロアビ

Gavia immer

アビ目アビ科に分類される鳥類。北アメリカ大陸北部とグリーンランド沿岸で繁殖する。カナダと五大湖地域の象徴の1つと見做されている。ミネソタ州とオンタリオ州の州鳥である。

エンブレム
エンブレム

カナダの一ドル硬貨にある絵柄にもなっています。


北極星

North star

北側の極星(ポールスター)で、天の北極に最も近い輝星をさす。地球の自転軸を北極側に延長した天球面上の「天の北極」近くにある星を北極星と呼んでいる。

エンブレム
エンブレム

ミネソタ州の愛称「North Star State(北極星の州)」やモットー「仏: L’étoile du Nord(北極星)」にもなっている北極星が描かれています。


ミシシッピ川

Mississippi River

北アメリカ大陸を流れる河川の1つ。ミネソタ州を源流とし、メキシコ湾へと注いでいる。全長は3779kmで、アメリカ合衆国で2番目に長い川である。

エンブレム
エンブレム

ミネソタ州の名前はミシシッピ川の支流ミネソタ川から取られました。「ミネソタ」はアメリカ・インディアンのダコタ・スー族の言語で「水」を意味するmni「曇り空のような」を意味するsotaを合わせた造語で、「曇り空の色に染まった水」を意味しています。

エンブレム
エンブレム

スカイブルーのラインはこのミシシッピ川を表現しています。


アイアン・レンジ

Iron Range

ミネソタ州北東部の地域。その名の通り、鉄鉱石の一大産出地であり、赤茶けた鉄鉱石の山や丘が各所に露出している。

エンブレム
エンブレム

エンブレムのグレーは、このアイアン・レンジを表現しています。


MNUFC

MNUFC

Minnesota United FCの略称


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていきますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA