2022年カタールW杯出場チームはこちら

【カナダの象徴・メイプルリーフのエンブレム】カナダ代表【各国代表】

エンブレム
エンブレム

今回は北アメリカの「カナダ代表」について取り上げていきます!

カナダ

Canada

▼公用語 英語、フランス語

▼首都 オタワ

▼人口 3,774万人

エンブレム
エンブレム

世界で2番目に国土が広い国となっています。

国旗

カエデの葉

National Flag

▼両側の赤い帯

北アメリカ大陸をはさむ太平洋と大西洋

▼メイプルリーフ

カナダの象徴。葉の先端の尖った部分と葉柄を合わせた12の数は、国を構成する10州と2準州(現3準州)を表しています。

▼赤と白

1921年に指定された国の色

エンブレム
エンブレム

葉の先端の尖った部分と葉柄を合わせた12の数は、国を構成する10州と2準州(現3準州)を表しています。

大会成績

FIFAワールドカップ

FIFA World Cup

▼出場回数 2回

▼最高成績 グループリーグ敗退


ゴールドカップ

CONCACAF Gold Cup

▼出場回数 18回

▼最高成績 優勝(1985,2000)

エンブレム
エンブレム

2022年のカタールW杯に出場が決まり、36年ぶりとなる本戦出場となりました。


愛称

The Canucks

The Canucks

▼カナックス 「カナダ人」を表すスラング

エンブレム
エンブレム

他にも、「Les Rouges (The Reds)」「Maple Leafs」といった愛称で親しまれています。

過去のエンブレム

【1950s-1982】

・カナダの象徴「カエデの葉」

・カナダサッカー協会「CANADIAN SOCCER ASSOCIATION」

【1982-2006】

・カナダの象徴「カエデの葉」

・国名「CANADA」

・サッカーボール

【2006-2009】

・カナダの象徴「カエデの葉」

・国名「CANADA」

・サッカーボール

【2010-present】

・カナダの象徴「カエデの葉」

・国名「CANADA」

・サッカーボール

エンブレム
エンブレム

カナダの象徴「カエデの葉」が引き継がれています。

現在のエンブレム



カエデの葉

Maple leaf

カエデの樹の特徴的な葉。カナダの象徴とされ、1965年にカナダ国旗に描かれた。

カナダをさす場合、紅葉した葉が使用されることが多い。

エンブレム
エンブレム

メイプルリーフ金貨として、カナダ中央政府が保証する法定通貨にも描かれています。

Canadian Gold Maple Leaf

カナダ王室造幣局発行の地金型金貨。1979年に創鋳され、以後毎年発行されている。

表面にエリザベス2世の肖像、裏面にサトウカエデの葉が浮き彫りされている。


CANADA

エンブレム
エンブレム

国名「CANADA」がシンプルに描かれています。


サッカーボール

エンブレム
エンブレム

エンブレム下部に、サッカーボールの半分が描かれています。


YouTube

いかがだったでしょうか。普段はYouTubeで、サッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていますので、ぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA