2022年カタールW杯出場チームはこちら

【ロッソネロのエンブレム】ACミラン【セリエA】

エンブレム
エンブレム

今回はセリエAに所属するACミランについて取り上げていきます!

ホームタウン

ミラノ

Milano

▼州 ロンバルディア

▼人口 137万人

北イタリアに位置し、商業・工業・金融・観光の街として国際的に著名な世界都市。

エンブレム
エンブレム

ミラノ・コレクションなどで知られるように古くから服飾・繊維産業などファッション関連の産業が盛んな土地柄で「ファッションの都」と称されています。

クラブ

ACミラン

Associazione Calcio Milan

▼正式名称 ACミラン

▼愛称 ロッソ・ネロ(Rosso Nero)

エンブレム
エンブレム

ロッソ・ネロはイタリア語で「赤と黒」を表す言葉です。

ヒストリー

【1899】「Milan Cricket and Football Club」

ミラノ在住のイギリス人アルフレッド・エドワーズが中心となって創設。

【1937】「Associazione Calcio Milan

ムッソリーニ率いるファシスト政府が英語読みのクラブ名を嫌ったため改称。

スタジアム

スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァサン・シーロ

Stadio Giuseppe MeazzaSan Siro

開場:1926年
収容人数:80,018人

エンブレム
エンブレム

1980年、インテルとACミランの両チームに所属したジュゼッペ・メアッツァが亡くなったことを受け、所有権を持つミラノ市がその業績を称えて、スタジアムの正式名称を旧称の「サン・シーロ」から「ジュゼッペ・メアッツァ」としました。

エンブレム
エンブレム

ACミラン側は、メアッツァの在籍年数は2年のみなどの理由で「サン・シーロ」と呼んでいます。


新スタジアム

New Stadium

開場:2027年
収容人数:65,000人


過去のエンブレム

【1899-1916】

「ミラノ フットボール アンド クリケット クラブ」の最初のロゴ

【1936-1945】

【1946-1979】

【1979-1986】

・クラブのニックネームである「悪魔」のデザイン

・「炎」を模した3つのシェイプ

・10のリーグタイトルを象徴する「星」

【1986-1998】

【1998-present】

エンブレム
エンブレム

ストライプと十字架のデザインは初期から採用されていました。

現在のエンブレム



赤黒のストライプ

Stripe

▼赤 プレイヤーの燃えるような熱意

▼黒 チームに挑戦する対戦相手の恐れ 

エンブレム
エンブレム

クラブの愛称であるロッソ・ネロはイタリア語で「赤と黒」を表す言葉です。


ミラノ市の紋章

Coat of arms

▼白地に赤十字 374 年から 397 年まで、ミラノの司教であった聖アンブローズのシンボル

Ambrosius

4世紀のミラノの司教。アウグスティヌスに影響を与えたことでも有名である。


ACM/1899

ACM/1899

▼ACM ACミラン(Associazione Calcio Milan)の略

▼1899 クラブ創設年

エンブレム
エンブレム

上部にクラブ名、下部には創設年が描かれています。


YouTube

いかがだったでしょうか。YouTubeでもサッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていますので、ぜひご覧ください!