2022年カタールW杯出場チームはこちら

【ギリシア神話の英雄アイアースのエンブレム】アヤックス【エールディヴィジ】

エンブレム
エンブレム

今回はエールディヴィジに所属するアヤックスについて取り上げていきます!

ホームタウン

アムステルダム

Amsterdam

▼州 北ホラント州

▼人口 82万人

オランダの首都。元々は小さな漁村だったが、13世紀にアムステル川の河口にダムを築き、町が築かれ、16世紀には海運貿易の港町として、ヨーロッパ屈指の都市へと発展した。

エンブレム
エンブレム

憲法に規定されたオランダの首都ですが、国会、中央官庁、王宮、各国の大使館といった首都機能のほとんどはデン・ハーグにあります。

クラブ

アヤックス・アムステルダム

Ajax Amsterdam

▼正式名称

アムステルダム フットボール クラブ アヤックス

エンブレム
エンブレム

AFCアヤックスとも表記されます。

ヒストリー

【1900】

フロリス・ステンペルによって、アムステルダムにある小さなカフェからクラブが誕生。

【1902】「Footh-Ball Club Ajax

クラブをFCアイウスと名付ける。 名前の由来はギリシャ神話に登場するアイアースという人物。(Aiasをオランダ語でAjaxと読む)

【1908】「Amsterdamsche Football Club Ajax

AFCアヤックスに改称。

スタジアム

ヨハン・クライフ・アレナ

Johan Cruijff ArenA

開場:1996年
収容人数:53,320人

エンブレム
エンブレム

ヨハン・クライフが2016年に死去したことを受け、功績を称えるべく、旧名称のアムステルダム・アレナから変更されました。


過去のエンブレム

【1900-1911】

・丸みを帯びたバッジの中にクラブの選手

・周囲にはクラブ名「AMST.FOOTBALL-CLUB AJAX」の文字

・「AJAX」の文字を強調するため、文字の間隔をあけ、チョウ側には3本ラインをいれたデザイン

【1911-1928】

・中心に描かれたクラブの選手が来ているユニフォームのデザインが変更

・周囲を囲むクラブ名のフォントが変更

【1928-1991】

・現在のシンボルでもあるギリシャ神話の英雄「アイアース」が登場

・左を向き、繊細で華麗に描かれた肖像画

・左右には「AJAX」の文字とクラブカラーである赤白で彩られた紋章が配置され、クラブの歴史を象徴

・黒白のグラデーションでメタリックのような高級感のある仕上がり

【1991-present】

・前回のデザインをベースにした新エンブレム

・アイアースの肖像画が抽象的な手法で描き直された

・構図は変更なく、すべてが単純化されたデザイン

・右下にあった赤白の紋章が、「AMSTERDAM」に変更

エンブレム
エンブレム

現在のエンブレムにも見られる肖像画が登場したのは、1928年でした。

現在のエンブレム



アイアース

Ajax

ギリシア神話に登場する英雄。(Aiasをオランダ語でAjaxと読む)

エンブレム
エンブレム

クラブ名の由来にもなったアイアースの肖像画が描かれています。


11人の選手

エンブレム
エンブレム

なんとアイアースの肖像画は、選手を象徴する11本のラインで描かれています!


アムステルダムの市旗

エンブレム
エンブレム

クラブのエンブレムに使用されている赤白黒の3色は、アムステルダムの市旗がモチーフになっています。


AJAX AMSTERDAM

AJAX AMSTERDAM

クラブ名


YouTube

いかがだったでしょうか。YouTubeでもサッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていますので、ぜひご覧ください!