【SALE】カタールW杯 限定グッズ

【歴代ワールドカップのロゴ一覧】FIFA World Cup【大会ロゴ】

大会名

FIFAワールドカップ

football emblem

FIFA World Cup

国際サッカー連盟(FIFA)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの世界選手権大会。

エンブレム
エンブレム

大会ごとの正式な呼称は、「開催年+FIFAワールドカップ+開催国名」の順に組み合わせたものになります。

大会トロフィー

ジュール・リメ杯(1930-1966)

・FIFAワールドカップを企画した当時のFIFA会長ジュール・リメが寄贈したトロフィー。

・勝利の女神ニケが十角形のカップを支える形をしている。

【1966】最初の盗難

イングランド大会の前に行っていた展示期間中に盗難の被害に合う。

数日後、ロンドン郊外のある一般住宅のピクルスという子犬が、自宅の庭で新聞紙に包まれたトロフィーを発見した。

【1970】ブラジルに譲渡

ブラジルが3回目の優勝を果たし、その偉業を称えてブラジルに永久に渡されることになった。

※大会創設時から、最初に3回優勝したチームが、トロフィーを永久保持することが決められていた。

【1983】2度目の盗難

ブラジルに永久譲渡された後に、当時のブラジルでは政治・経済が混乱し、犯罪が多発していた。

また、ブラジルサッカー連盟のセキュリティが甘かったこともあり、盗難される。

現在も捜査中だが、トロフィーそのものは見つかっていない。

FIFAワールドカップトロフィー(1970〜現在)

・1970年にブラジルへ永久譲渡された後、新しいトロフィーのデザインが一般公募され、7カ国53点の応募があった。

・「シュートを決め、『やったぞ!』と両手拳を突き上げ、走って自陣に戻って来る選手」2人が背中合わせで地球を支えているデザインが採用された。

【2005】デザインの改良

アジア大陸と陸続きとなっていた日本列島がきちんと独立した島になるようにデザインがわずかに修正された。

エンブレム
エンブレム

2006年のドイツ大会からは、表彰式直後にFIFAがトロフィーを回収・保管することとなり、優勝国のサッカー協会にはブロンズ製のレプリカ(World Cup Winners’ Trophy)が贈られるようになりました。

ジュール・リメ・トロフィーFIFAワールドカップトロフィーFIFAワールドカップトロフィー
デザイン1st2nd3rd
年代1930-19701974-20022006-現在
高さ35cm36cm36.8cm
重さ3,800g4,970g6,175g
台座ラピスラズリマラカイトマラカイト
トロフィー比較

過去の大会ロゴ

football emblem

▼年代と開催国から選ぶ▼

【1930】ウルグアイ大会

スタイリッシュなゴールキーパーが、シュートをセーブしているデザイン

【1934】イタリア大会

簡潔さと合理性を目指したアール・デコ様式のポスター。グローバルな大会であることを示すために、参加国の国旗を背景に配置している。

【1938】フランス大会

世界を股にかけて競争に挑む選手を表現したデザイン。背景には色合いが少し異なるフランス国旗が描かれている。

【1942】中止

第二次世界大戦などによる国際情勢悪化のため中止

【1946】中止

第二次世界大戦などによる国際情勢悪化のため中止

【1950】ブラジル大会

参加国の国旗がソックスに描かれたデザイン

【1954】スイス大会

大会で初めて採用された公式ロゴ。ボールに白いスイス十字が描かれている。地球儀のアウトラインになるテキストは、スイスでよく話されているフランス語、ドイツ語、イタリア語で「サッカー世界選手権」と書かれている。

【1958】スウェーデン大会

ボールとサッカー選手で、シンプルなサッカーイベントのデザイン

【1962】チリ大会

スタジアムのピッチには開催国のチリ国旗。スタジアムを囲む円は、上半分がサッカーボール、下半分が地球儀になっている。

【1966】イングランド大会

ユニオンジャックを背景に、ボールとジュール・リメ・トロフィー、協会のロゴが描かれている

【1970】メキシコ大会

開催国名・年代・サッカーボールのシンプルなデザイン

【1974】西ドイツ大会

メキシコ大会を継承したシンプルなデザイン。「WM」はドイツ語でワールドカップを意味する「Weltmeisterschaft」の略称である。

【1978】アルゼンチン大会

アルゼンチンカラーの青と白のデザイン

【1982】スペイン大会

スピーディーなスペイン国旗のデザイン

【1986】メキシコ大会

メキシコカラーで彩られたボールと地球のデザイン。大会テーマであった「The World United By Ball」を表現している。

【1990】イタリア大会

イタリアカラーで彩られたボールのデザイン

【1994】アメリカ大会

アメリカ国旗をモチーフとしたデザイン

【1998】フランス大会

サッカーボールが地球の水平線から昇る様子を太陽のようにデザインしたロゴ

【2002】日韓大会

大会史上初めてトロフィーが描かれたデザイン。地球とサッカーボールをイメージした「円」、外側の一部が開いているのは、トロフィーへの道(勝利)を表現している。六色の豊かな色使いは参加チームの多彩な顔ぶれを表し、緑は「芝生、自然」、黄色は「希望」、白は「純粋さ、スポーツマンシップ」、赤は「歓喜、情熱」、青は「地球」、金は「トロフィー」などを意味している。また、W杯予選を行う六大地区の象徴でもある。

【2006】ドイツ大会

サッカーの試合で得られる感動や仲間意識を表現したデザイン。青と緑で描かれた顔は、開催年の「06」を表し、2002年のロゴデザインも下部に描かれている。

【2010】南アフリカ大会

サッカーボールをバイシクルキックする選手のシルエット。背景の色鮮やかなラインは、アフリカ大陸と南アフリカをイメージしている。2002年のロゴが右上にシンプルに描かれている。

【2014】ブラジル大会

トロフィーを掲げる手をイメージしたデザイン。黄色と緑は、ブラジルの黄金のビーチと南国を表すほか、ブラジル国旗のメインカラーでもあり、ブラジルの5回の優勝を象徴する5つのパーツで描かれている。

【2018】ロシア大会

赤、黒、青、ゴールドで、ロシアの宇宙開発や、歴史的な美術などをテーマにしたトロフィーのデザイン。

【2022】カタール大会

アラブ文化を象徴したデザイン。急降下曲線は砂漠の砂丘を表現し、切れ目のないループは数字の「8」を想起させ、これは8つのスタジアムを使用することを示している。また、アラブなどを中心に着用される衣服であるウールショールからもインスピレーションを得ている。ロゴに描かれた模様は伝統的なアラビア文字で、伝統と現代性を融合している。

エンブレム
エンブレム

最初の4回のワールドカップでは、ロゴの代わりに大会ポスターが作成されました。

YouTube

いかがだったでしょうか。YouTubeでもサッカーエンブレムの解説動画を投稿しています。世界中のクラブを取り上げていますので、ぜひご覧ください!